ウエディングドレスの歴史と社会背景

ウエディングドレスと言えば、いまや日本においても婚礼儀式における定番衣装のひとつとなりました。現在では数多くの魅力的なウエディングドレスがデザインされ、多くの女性たちの心を魅了し続けています。では、このウエディングドレスは、一体いつ頃に誕生し着用されているのでしょうか。ここでは、ウエディングドレスの誕生の歴史とそれを取り巻く文化について解説していきます。ウエディングドレスの歴史をさかのぼると、遠く古代ローマや古代ギリシアの時代までさかのぼることができます。ヨーロッパにキリスト教が広まるようになると、その教えの拡大と共に教会での結婚式が行われるようになりました。その結婚式の際に着用された婚礼用の衣装がウエディングドレスの始まりだったとされています。この時代においては、王族や貴族などの特権階級の花嫁にしか着ることができませんでした。

またこの時代の婚礼衣装は、現代の純白とは異なり黄色い色が一般的でした。当時は、縁起の良い花とされるサフランの花を好む風潮があったためです。そのサフランの花で衣装を染めていたので黄色い婚礼衣装が着用されていました。その後、中世になると華美なドレスが着用されるようになります。ドレスに宝石で装飾したり金糸や銀糸の刺繍を施すようになりました。家紋の刺繍の入ったドレスも着られるようになり、華美なドレスを用いることによって花嫁の家の社会的地位や権力を誇示していたのです。16世紀になると、婚礼衣装は黒いドレスに白いベールを用いるようになります。ドレスの色が黒を好まれたのには理由があり、当時は宗教の戒律を強く重んじられていました。宗教の儀式用に着用されていた黒い儀式服を、婚礼衣装としても着られていたためです。では、現代のような純白の衣装が登場したのはいつ頃からなのでしょうか。純白の婚礼衣装が登場したのは17~18世紀頃からです。当時は女性の処女性が好まれていました。その処女性の純潔を連想させる純白が婚礼衣装にふさわしいとして用いられ始めるようになったのです。純白のドレスは、王室や貴族などの限られた階級の花嫁に好まれていましたが、次第に一般に普及していくようになります。

また、肌の露出を少なくするために顔を隠すベールが用いられるようになり、腕にはグローブや袖の長い衣装を用いるようになりました。このように、ウェデイングドレスはその時代の思想と社会背景によって変化を遂げてきた格式高い衣装ということができます。

Blog Home