ウエディングドレスの歴史-純白のドレスはいつごろから着られていたのか

女性なら、誰もが一度はあこがれるウエディングドレスについて、今日はお話しすることにしましょう。元々ウエディングドレスは、ローマ帝国に起源をさかのぼれる、かなり歴史のある衣装です。キリスト教が広がるとともに、教会で結婚式を執り行うようになり、上流階層の女性たちが、婚礼のために身に着けた衣装がその発端です。この衣装はかなり豪勢で、かつての王侯貴族の絵などに描かれていますが、家紋や刺繍も入っていました。これは、女性側の家の力を示す目的もありました。しかし当時はまだ、純白のドレスという概念はありませんでした。その後、中世末期頃には、黒や暗色のウエディングドレスが好まれたこともあります。ちょっと意外な話ですが、宗教上の儀礼という点を重んじたからともいわれます。この頃になると、庶民層にもウエディングドレスが広まるようになりました。

今のような純白のドレスが好まれるようになったのは、17世紀ごろからと言われています。それからなお200年を経て、ヴィクトリア女王の時代になると、花嫁の純潔をあらわすため、純白に加えて、襟元がつまった長袖のドレスが登場するようになりました。また、ベールをつけるようになったのも、この頃からといわれており、今のようなウエディングドレスが登場したのは、この時代といえるでしょう。それからさらに時を得て、今では、長袖で襟元がつまったドレス以外にも、襟ぐりの大きなもの、半袖のものなど、様々なデザインのドレスが登場しています。日本で初めてウエディングドレスが着用されたのは、1873年、明治6年のことです。まだまだ西洋式の結婚式が珍しいその当時、ドレスも輸入品しかなく、かなりの貴重品であったことでしょう。ところで、サムシング・フォーというのをご存知でしょうか。これは、欧米の結婚式の習慣で、何か4つのものを身に着けると、花嫁が幸福になれるというものです。まずサムシング・オールド、何か古いものです。代々伝わったアクセサリーやドレスなどを身に着けます。そしてサムシング・ニュー、新しいものです。一般には純白で新しいものを準備します。

次にサムシング・ボロー、何か人から借りたものです。これも一般にはアクセサリーなどを借ります。最後にサムシング・ブルーです。このブルーは聖母マリアを象徴する色で純潔のシンボルとされ、普通は下着に青いリボンをつけたりします。このサムシング・フォーは、マザーグースが発祥とされています。日本ではあまり知られていませんが、なかなか興味深い習慣ですね。皆さまがウエディングドレスを着られる時、こちらもお試しになってはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*