ウエディングドレスの選び方

昨年結婚式を挙げました。結婚式には小さな頃からとても強い憧れがあり、式が決定した時はとても嬉しかったです。特にウエディングドレスには憧れていたので、式場が決まりドレスを選ぶ時はとても楽しかったです。まずは結婚式場の提携のドレスショップに行きました。初めて見るウエディングドレスにとても感動し改めて結婚するんだなと実感しました。まずは自分に似合うウエディングドレスを絞る為に、色々なタイプのドレスを着ました。とても華やかなフリルがあるドレスや、大人っぽいラインのマーメイドドレスなど一通り着ました。試着なので簡単に着るだけかなと思いましたが、担当の方が着せてくれるほど本格的でした。ウエディングドレス用の下着も付け、アクセサリーもドレス毎に付け替えました。髪型も簡単ですがセットしてもらい、本番で着るかのようにしてもらいました。

初めて着たウエディングドレスにとても嬉しく感動しましたが、とても重たく苦しかったです。これは当日長時間着るのは大変だなと思いました。1着着るのにとても時間がかかるので、1店舗で3着着るのが精一杯でした。もっと簡単に決まるかと思ったのですが、なかなか絞れず大変でした。カラードレスも同時に決めなくていけなかったので、毎日試着したドレスの写真を見て悩んでいました。自分の好みだけではなく、相手とのバランスや会場の雰囲気との兼ね合いも考えなくていけなかったのでとても難しかったです。結局結婚準備の初期段階から始めたドレス選びが最後までかかってしまいました。私のドレスが決まり彼氏のタキシード選びをしようと思いましたが、あっという間に決まったので驚きました。改めて結婚式って女性の為だなと思いました。当日を向かえドレスを着た瞬間に改めて嬉しさがこみ上げてきて幸せな気持ちでいっぱいになりました。実際に着ている時間は短いので、お色直しの時には少し名残惜しかったです。ドレス選びにはとても時間がかかり大変でしたが、今となってはすべてがいい思い出です。自分の両親にもウエディングドレス姿を見せれて、少しは親孝行が出来たかなと思います。

今は自分の子供のウエディングドレス姿を見るのが、今から楽しみです。準備や経済面でも結婚式は大変でしたが、やはり行ってよかったなと思います。これから結婚生活で色々あった時には、結婚式やドレス姿の写真を見て糧にしていきたいと思います。結婚式という自分の人生の大きな目標を達成で来て本当に幸せです。

Blog Home